梓林太郎の通信販売

            

卍(まんじ)の殺人 (鮎川哲也と十三の謎)

価格:3,240円 新品の出品: 中古品の出品:96円
コレクター商品の出品:1,370円
カスタマーレビュー
萩原亮子が恋人の安東匠に伴われて訪れたのは、彼が訣別を期す“卍屋敷”。そこに住む従妹と結婚し家業を継がない限り、匠は資産家の実家から絶縁されるという。二家族が競い合って暮らす館に緊張が高まり、ふたりが到着した当夜、堰を切ったように殺人事件が……。《「鮎川哲也と十三の謎」十三番目の椅子》を獲得した著者のデビュー作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
遠州浜松殺人奏曲 私立探偵・小仏太郎 (ジョイ・ノベルス)

価格:494円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:9,500円
カスタマーレビュー
井伊家の庭園に倒れた男――彼は何故、名を騙ったのか? 東京・亀有の小仏太郎探偵事務所に、静岡県警の警部らが突然訪ねて来た。奥浜名湖にある井伊直虎ゆかりの寺院「龍潭寺」の敷地内で重傷を負った男が発見され、「小仏太郎」と名乗ったのだという。彼は病院に搬送されるも、その後すぐに死亡してしまった。小仏は自分の名を騙った男の調査に乗り出すが、同じく龍潭寺から別の男性の死体が見つかる。事件の謎が深まる中、偽の「小仏」は小仏本人とも面識のある元・警察官だったことが発覚し――!
遠州浜松殺人奏曲 私立探偵・小仏太郎 (ジョイ・ノベルス)

価格:950円 新品の出品:950円 中古品の出品:378円
コレクター商品の出品:1,570円
カスタマーレビュー
静岡県・浜名湖――おだやかな風吹く、美しき宿場町に悲劇が訪れる!? 大人気トラベルミステリー最新刊!
隠された帝―天智天皇暗殺事件

価格:3,888円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
1300年間埋れていた数々の謎と真相。誰が?なぜ?天智を殺したか?長編歴史推理小説。
緋色の囁き (ノン・ノベル)

価格:771円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:100円
カスタマーレビュー
魔女、魔女、魔女。名門女学校の恐怖。「私は魔女なの」謎の言葉を残したまま1人の女生徒が寮の「開かずの間」で焼死した。その夜から次々と起こる級友たちの惨殺事件に名門女学園は恐怖と狂乱に包まれる。創立者の血をひく転校生冴子は心の奥底から湧き起こってくる“囁き”に自分が殺人鬼ではないかと恐怖におののく。「囁き」シリーズ登場!! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
霧越邸殺人事件 (新潮ミステリー倶楽部)

価格:1,224円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
密室と化した豪奢な洋館。謎めいた住人たち。一人、また一人……不可思議な状況で起る連続殺人! 驚愕の結末が絶賛を浴びた超話題作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
ダビデの星の暗号 (講談社文庫)

価格:724円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
探偵の名は芥川龍之介! 驚愕の歴史ミステリー!! 新進作家・芥川龍之介は友人・原田宗助から先祖の恥をすすぐため、掛軸に隠された暗号解読を依頼される。だが間もなく宗助は密室殺人の被害者となる。謎を追う龍之介を待ちうける、国史をも揺るがす衝撃的事実とは? --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
札幌殺人夜曲 (ジョイ・ノベルス)

価格:1,026円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:25,000円
カスタマーレビュー
札幌・ススキノで中年男性が少女に刺される殺人未遂事件が発生。私立探偵・岩波惇哉のもとに、知己の女性・真那津からこの事件を目撃してしまったと連絡があった。北海道にかけつけた岩波だが、恐怖で被害者を置き去りにした真那津のことを、警察は容疑者として疑っていた。現場を走り去る謎の少女を見たという目撃者が複数いるにもかかわらず、なぜか肝心の真那津は少女の存在について証言をしたがらないのだ。そればかりか、目を覚ました被害者は、自分を刺したのは二十代前半の背の高い女だったと話しはじめ――。
札幌殺人夜曲 (ジョイ・ノベルス)

価格:994円 新品の出品:994円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:255円
カスタマーレビュー
錯綜する証言の数々―― 真実は誰が知る? 札幌・ススキノで中年男性が少女に刺される殺人未遂事件が発生。 私立探偵・岩波惇哉のもとに、知己の女性・真那津からこの事件を目撃してしまったと連絡があった。 北海道にかけつけた岩波だが、恐怖で被害者を置き去りにした真那津のことを、 警察は容疑者として疑っていた。 現場を走り去る謎の少女を見たという目撃者が複数いるにもかかわらず、 なぜか肝心の真那津は少女の存在について証言をしたがらないのだ。 そればかりか、目を覚ました被害者は、 自分を刺したのは二十代前半の背の高い女だったと話しはじめ――。 動機は愛か、復讐か!? 傑作トラベルミステリー。
人情刑事・道原伝吉 箱根・芦ノ湖殺人特急 (徳間文庫)

価格:724円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
箱根湯本の山林で若い女性の胸部が入った袋が発見された。中には、信濃日日新聞の安曇野版と、地元の銘菓の包装紙もあったのだ。なぜ犯人は有力な物証を残したのか? やがて被害者は、安曇野市の自宅から失踪した高崎恵那子と判明。長野県警安曇野署の道原伝吉は、彼女の足跡を追って畑宿(はたじゅく)、仙石原(せんごくばら)、強羅(ごうら)を訪れる。そして次々と発見される切断遺体! 傑作長篇ミステリー。